スポンサードリンク

スターバックス(スタバ)~メニュー・コーヒー・店舗・新作・カード・タンブラー・福袋・ギフト・カロリー・カスタマイズ~

「仕事帰りに、ちょっと立ち寄りたいお店がありますよ。」


「もちろん、そのお店は「スターバックス」ですね。」

「挽きたてのコーヒーの香りは、仕事のストレスや、その日の人との関わりを軽やかに解消してくれますよ。」


「「スターバックス」の店内は、ソファや落ち着いた照明など長居したくなるようなインテリアが嬉しいですね。」


「ホント!癒されますね。」


「また、「スターバックス」のフレンドリーな接客は、いつ来ても笑顔で接してくれる友達のようですね。」


「この他に、ダイニングエリアのコンセントがノートブックパソコンの利用や携帯電話の充電用に開放されていて、外回りの営業途中での会社への連絡等に大助かりですよ。」


「「スターバックス」は、新商品が発売されるたびに注目されますよね。」


「「スターバックス」では、特に期間限定で発売されるフラペチーノは、毎回とても人気を集めていますよ。」


「「スターバックスコーヒー」では、タンブラーを持参すると20円割り引いてくれるので、通勤時や日頃よく立ち寄る人に、このタンブラーは必須ですよ。」


「定番はスターバックスのコーヒーのマークが付いたもので、その後ろにはドリンクの種類やカスタマイズを書き込めるデザインになっていますよ。」


「実際に書き込まれることはありませんが、スターバックスコーヒーで渡されるカップのように見えてオシャレですね。」


「このタンブラーに入れると暖かいままのコーヒーを飲む事ができ、フラペチーノもシャリシャリした食感を持続できますよ。」


「冷たいドリンクを注文する人は、ロゴゴールドカップタンブラーホイップが適していますよ。」


「蓋がホイップクリームの形をしており、ストローで飲めますよ。」


「シリコンバンドには「Just for you」と書かれ、透明な容器が涼しげな印象を与えますよ。」


「ドリンクを持ち運ぶと、落とさないかが心配になることがありますが、シリコンスリーブタンブラーなら滑りにくいので安心ですよ。」


「取り外し可能なシリコンスリーブを持ち運びの時に、使用してくださいね。」


「東京スカイツリーや京都、横浜などの観光名所をモチーフにしている場合もあるので、旅行のお土産にも適していますよ。」


「「スターバックス」は、季節の旬のものやイベントに合わせた様々な商品が用意されていますよ。」


「先日知ったのですが、コーヒーの少し甘い香りのビールが新発売されているようですね。」


「アルコール・特に苦いビールが苦手な私にとって、嬉しいお知らせですね。」


「今年の夏はとても暑くなると聞いているので、・・・流行りそうですね。」


「「スターバックス」は、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店ですよ。」


「当時のアメリカでは、イタリア流のファッションや食事が流行しつつあり、イタリア式コーヒーのエスプレッソを主体とする「シアトル系コーヒー店」はブームに乗ってすぐに北米全土に広がりましたよ。」


「シアトルスタイルというコーヒーやコーヒー店のスタイルとして、定着しましたよ。」


「2015年現在において、およそ90の国と地域で営業展開をし、店舗数は22,519店ですよ。」


「日本では、“スタバ”とも略称されていますね。」


「「スターバックス」は、“Third place”(家庭でもない職場でもない第3の空間)というコンセプトのもと、当時の日本の喫茶店と一線を画した目新しいものでしたよ。」


「それがそのまま「スターバックス」の特徴となりましたよ。」


「1996年(平成8年)、東京銀座に、北米地区以外では初めてとなる、日本1号店を出店しましたよ。」


「東京では、渋谷の「スターバックス」は超有名ですね。」


「チェーン店ながらも洗練された店内・おしゃれなメニュー品目・欧風のオープンテラスの併設などから大きな人気を呼びましたよ。」


「当時の日本の喫茶店としては珍しく、店内を全面禁煙にしていたことも特徴ですね。」


「喫煙する客のために、屋外のオープンテラスは喫煙可としていますよ。」


「「スターバックス」は、特に女性の人気に火が付き、日本のカフェブームが進むきっかけとなりましたよ。」


「「スターバックス」にはたくさんの店舗がありますが、店舗によって見える景色や、雰囲気が変わりますよ。」



「ちなみに、私は行きつけの「スターバックス」の店内のあの雰囲気が好きで通っています(笑)。」


「「スターバックス」は、ガラス張りになっている店舗が多いため、外の景色を楽しみながら美味しいコーヒーを頂くことができますね。」


「私の行きつけの「スターバックス」では、外のテラス席も用意されているので、時々は、街路樹の季節の移り変わりを楽しみながら、そ~っと安らいでいますよ。」


「「スターバックス」店舗検索ページ[公式]は、こちらですよ。
・・・http://www.starbuks.co.jp/store/search/・・・」


「「スターバックス」では、店内に足を踏み入れてみると、注文を聞く店員さんにお客さんが何やら告げている光景を良く目にしますよ。」


「お客さんは飲み物を注文する際に、クリームやソースといったトッピングやミルクの種類などを細々と伝え、より自分好みに「カスタマイズ」しているのですよ。」


「コーヒー一杯といっても、好きなスタイルは人それぞれですね。」


「産地やコクから選ぶこともできますが、もっと手短かなところでは、「濃いカプチーノが飲みたい」時に、エスプレッソをダブルで入れてもらうことや、「普通のミルクを豆乳に換えて」もらうことも可能ですよ。」


「「スターバックスコーヒー」から定期的に発売されるフラペチーノは、味が美味しいだけでなく見た目もオシャレなので、若い女性からサラリーマンまで、発売される度に飲んでいる人も多い人気の商品ですよ。」


「オリジナリティのある味わいは、やみつきになるひともいるほど、毎回、スタバ好きの期待を裏切らない定番商品とも言えますね。」


「一番小さいトールサイズでも、結構大きいですよね。」


「そこで気になるのがカロリーですね。果物ベースのフラペチーノであれば、200~300㎉ぐらいで済みますよ。」


「チョコレートやチーズ系の甘いタイプでもサラサラッと飲めてしまうので、カロリーが気になる人は事前にカロリーをチラッと見ておいてくださいね。」


「「スターバックス」には、カフェインが気になるって考えている人に、とっておきのデカフェというものがありますよ。」


「例えば、カフェミストのデカフェと店員さんに頼めば、ノンカフェインでコーヒーテイストを楽しむことができますよ。」


「また、フラペチーノでもノンカフェインの商品が多いですよ。不安なときはためらわずに、店員さんに聞けば、確認ができますよ。」


「これはカフェイン入っているかな?と思ったら、とにかく聞いてみてくださいね。」


「他にも、キャラメルスチーマーやスチームミルクもありますよ。」


「「スターバックス」には数多くのフードメニューがあり、クッキーは定番のチョコレートチャンククッキーやホワイトチョコレートマカダミアクッキーもおやつにはもちろん、ボリュームがあるので朝食の追加一品としても人気ですよ。」


「「スターバックス」にはフードと相性のいいコーヒーを紹介しているので、迷った時に自分の好きなコーヒー豆に合うクッキーを選んでみるのも楽しみ方の一つですね。」


「ホームページにも、フードペアリング一覧として詳しく紹介されていますよ。」


「スターバックスコーヒージャパンは、こちらですよ。
・・・http://www.starbucs.co.jp/・・・」


「「スターバックス」は、一緒に行った人の好みや相性がよく分かりますよ。」


「好きな人に出会ったら、最初のデートはスターバックスに決めてみませんか?」


この記事を見た人はこんな記事も見ています。