スポンサードリンク

中国バス~時刻表・高速バス・路線図・福山・運賃・運行状況・ブログ・不動産・ドリームスリーパー~

「今日はとても良い天気ですが、夕日がきれいな海ってどこかしら?」


「その答えは、多々ありますよね。」


「ちなみに、私は瀬戸内海の夕日がとても好きです。」


「今より少し前、小説の中の夕日はそこはかとなく、水平線に沈みゆく美しい望郷でしたよ。」


「私は少し長い休みが取れると、瀬戸内海の夕日を見ながら晩酌をするために、尾道に旅することにしています。」


「旅館はいつもの民宿です。風情と人情があってイイんですよ。」


「あくる日は「中国バス」の路線バスで、いきあたりばったりの“ふらりバス旅”をします。」


「贅沢でしょう(笑)。」


「「中国バス」は、本社・本店がある広島県福山市を中心に、三原市や尾道市などの県内東部一帯を営業エリアとしているバス事業者ですよ。」


「「中国バス」は、岡山県岡山市に本社のある「両備ホールディングス」の100パーセント子会社ですよ。」


「2006年10月16日に設立していますよ。」


「本社所在地は、広島県福山市多治米町6丁目12-31ですよ。」


「「中国バス」は、地域の生活路線としての役割を果たすとともに、高速バス事業などを運営していますよ。」


「高速バスについては、広島県内の各地に向かうものと、他の都道府県まで向かうものの両方がありますよ。」


「県内線は、福山と広島バスセンターや広島空港などを結んでいるもので、「ローズライナー」や「広島空港エアポートリムジン」、「シチラスライナー」などの名称がそれぞれ付いていますよ。」


「県外向けも、東京や大阪、京都、福岡、松山など、行き先はかなり広範囲にわたっていて、同様に路線ごとの名称がありますよ。」


「これらは、他のバス事業者と共同運行されているなどの事情もあるため、料金体系は一般の路線バスとは大きく異なりますよ。」


「「中国バス」の時刻表について、お伝えしますね。」


「「中国バス」の路線バスの時刻表が知りたい場合は、公式ウェブサイトにアクセスすると、細かなエリアごとに分かれたものを閲覧することができますよ。」


「この場合は、メインにあたる福山市内や福山駅発着の郊外線のほか、尾道・三原・府中・上石高原町などの種類がありますので、間違えないようにすることが大切ですよ。」


「PDFファイル形式で保存されていますので、手持ちのパソコンなどにダウンロードして使うと便利ですし、もちろんインターネットからそのまま閲覧することも可能ですよ。」


「パソコン版の場合、パソコンで「中国バス」の時刻表をナビタイムで検索するには、はじめにナビタイムの公式サイト(https://www.navitime.co.jp/)のアクセスをします。」


「上段に表示されているタブの[バス/時刻表]をクリックすると、バスに関するメニューが表示されますので、その中で、[路線バス時刻表]を選択します。」


「[路線バス時刻表]ページに移動しますので、バス停名がわかれば、直接バス停名を入力して検索します。」


「もし、バス停名がわからない場合は、下段にスクロールし、[バス会社から検索(路線バス)という項目から「中国バス」を選択します。」


「バス会社から検索する場合、以下のタイプで更に検索することができますよ。」


「<バス停を頭文字から探す>、<都道府県から探す>、
<「中国バス」のよく検索される時刻表>、<「中国バス」のバス路線/系統一覧>
などがありますよ。」


「バス停名や路線/系統名がわからない場合は、「都道府県から探す」方法を選択すれば、「中国バス」の市区町村レベルで検索することができますよ。」


「どの検索でも、最終的に特定のバス停の時刻表を確認することができますが、検索結果に初めて表示されたバス停の時刻表は、平日の時刻表が出力されますよ。」


「土曜日、休日で時刻表が異なるバス停が多いので、必ず発車する曜日単位の時刻表を確認するようにしてくださいね。」


「スマホ版の場合、「中国バス」の時刻表をスマホを使ってナビタイムのサービスで検索するには、ナビタイムのバス専用のアプリ[バスナビ]を使って紹介しますね。」


「「バスナビ」を開くと、下段に[My時刻表][時刻表][ルート検索]とあり、[時刻表]を選択すると、バス停名の検索、または、近くのバス停名を一覧で表示してくれますよ。」


「「中国バス」のバス停の近くにいない場合は、最寄りの駅名、施設名、住所から検索できますので、コチラの活用方法も紹介しますね。」


「はじめに、「バスナビ」のトップ画面に移動し、上段の[バス停/駅/施設/住所]と書かれた検索窓に検索キーワードを入力します。」


「おススメは、「中国バス」が運営しているバス停の近くにある駅や住所を入力する方法ですよ。」


「これらのキーワードで検索した場所の地図が表示され、バスの路線図も表示されますので、「中国バス」の近くのバス停が簡単に見つかりますよ。」


「検索結果に出力されたバス停名をタップすると、下段に[時刻を見る]ボタンが出てきますので、コチラをタップします。」


「すると、対象のバス停の初乗り~最終バスの時刻表が一覧で表示されますよ。」


「検索結果に初めて表示されたバス停の時刻表は、平日の時刻表が出力されますよ。」


「土曜日、休日で時刻表が異なるバス停が多いので、必ず発車する曜日単位の時刻表を確認するようにしてくださいね。」


「スマホのブラウザ版では、直近数時間の時刻表しか閲覧することができませんよ。」


「「中国バス」の路線図について、お伝えしますね。」


「「中国バス」の路線図についても、同じく公式ウェブサイトのなかに掲載されているものがあり、これは時刻表が掲載されているページと同じですよ。」


「路線図も営業エリアと系統ごとに分割されていますので、まずは乗りたい路線を探した上で、その路線に合った路線図を閲覧する手順となりますよ。」


「路線図の中には、始発のバス停からの区間ごとの運賃も掲載されていますので、実際に乗る場合に役に立ちますね。」


「福山市内や府中町内のバス路線の中には、出発地と到着地がそれぞれ異なる一般的な路線のほかにも、出発地と到着地が同じで市街地を循環しているような路線も含まれていますよ。」


「高速バスについては、福岡や東京などの遠隔地まで向かうものがあり、路線バスとはかなり運行形態が違いますので、路線図も別ページとなりますよ。」


「時刻表や運賃に関しても、同様の取り扱いですよ。」


「「中国バス」からの乗り継ぎについて、お伝えしますね。」


「目的地への乗り継ぎでバスを利用する場合は、「NAVITIME」と「ジョルダン」がおススメですよ。」


「「NAVITIME」のバス時刻表では、路線バス、高速バス、空港連絡バス、深夜急行バスの時刻表を調べることができますよ。」


「「ジョルダン」のバス時刻表では、路線バス、高速バス、空港連絡バス、深夜急行バスの時刻表を調べることができますよ。」


「これは、全国668社の路線バス情報ですよ。」


「「中国バス」の運賃・定期代、乗換案内、所要時間の調べ方について、お伝えしますね。」


「「中国バス」の運賃は、基本的には区間距離に応じて料金が上がるしくみとなっていますが、例外もありますよ。」


「たとえば、府中の道の駅から上下までの路線に関しては、期間限定のサービスとして、現金で精算する場合に限って、上限500円でのワンコインバスが運行されていますよ。」


「また、「府中ぐるっとバス」は市街地を右回りおよび左回りで循環するバス路線で、運賃は1回あたりの均一料金となっているのが特色ですよ。」


「パソコン版の場合、パソコンで中国バスの運賃・料金を調べるには、ナビタイムの[バス乗換案内]を活用します。」


「はじめに、ナビタイムの公式サイトにアクセスをし、上段に表示されているタブの[バス/時刻表]をクリックすると、バスに関するメニューが表示されますので、その中で、[バス乗換案内]を選択します。」


「出発地と目的地にそれぞれバス停名を入力して検索をすると、現金で支払った場合とIC運賃のそれぞれの料金と、所要時間が出力されますよ。」


「「中国バス」の定期代検索サービスは、ナビタイムにはありませんので、Yahoo路線情報(https://transit.yahoo.co.jp/)を使って検索します。」


「スマホ版の場合、スマホ版で「中国バス」の運賃・料金を調べるには、ナビタイムのアプリ[バスナビ]を活用します。」


「バスナビを開くと、下段に[My時刻表][時刻表][ルート検索]とあり、[ルート検索]を選択すると、上段に出発地と目的地の入力検索窓が表示されますよ。」


「「中国バス」の定期代検索サービスは、ナビタイムにはありませんので、Yahoo路線情報(https://transit.yahoo.co.jp)を使って検索します。」


「「中国バス」路線図・バス停の調べ方について、お伝えしますね。」


「パソコン版の場合、パソコンで「中国バス」の路線図・バス停を調べるには、ナビタイムの[バス路線図検索]を活用します。」


「はじめに、ナビタイムの公式サイトにアクセスをし、上段に表示されているタブの[バス停/時刻表]をクリックすると、バスに関するメニューが表示されますので、その中で、[バス路線図検索]を選択します。」


「検索窓から「中国バス」と入力して検索するか、下段のバス会社から検索より「中国バス」のリンクをクリックして検索します。」


「続いて、中国バスの路線一覧(系統)が出力されますので、対象のリンクをクリックすると、路線図が表示されますよ。」


「表示された路線図の下段に「停車バス停一覧」があり、バス停のリンクをクリックすると、詳しいバス停の情報を閲覧することができますよ。」


「スマホ版の場合、スマホ版で中国バスの路線図・バス停を調べるには、ブラウザでナビタイムの公式サイトにアクセスします。」


「アプリは、路線図情報の一部のサービスが有料となっていますよ。」


「続いて、左端の下段に[三]の緑色のアイコンがありますので、こちらをタップするとメニューが出てきますよ。」


「このメニューの中から、[バス乗換検索・時刻表]⇒[バス路線図]の順でタップします。」


「バス路線図検索窓が表示され、こちらに「中国バス」の路線一覧(系統)が出力されますので、対象のリンクをタップし、路線図を表示させます。」


「路線上に表示された「バス停」をタップすると、地図上に路線図とバス停が表示された情報で確認できますよ。」


「「ナビタイム」の公式サイトアクセス/アプリの入手方法について、お伝えしますね。」


「「ナビタイム」のブラウザ版へは、パソコンもスマホも「ナビタイム」の公式サイト(https://www.navitime.co.jp/)からアクセスすることができますよ。」


「アプリのダウンロードは、「ナビタイム」の公式ダウンロードページ(http://products.navitime.co.jp/service/transfer/)から、Android版、iOS版、iOSタブレット版をダウンロードすることができますよ。」


「ところで皆さんは、杯にお酒をなみなみと注いで、月を映して飲み干すというのをご存知でしょうか?」


「今年のバス旅は、広島の牡蠣を肴に風情を楽しむなんて、如何でしょうか?」


この記事を見た人はこんな記事も見ています。