スポンサードリンク

京福バス~時刻表・路線図・高速バス・京福バスナビ・福井・運賃・運行状況・小松空港・名古屋~

「今年の秋は、温泉で一泊・・・」


「「芦原温泉・東尋坊・永平寺・丸岡城」・・・路線バスで巡る旅は、自然の優しさと人の温もりを感じる、思い出に残る一枚の絵のようですね。」


「北陸は、海の幸、山の幸が日頃の疲れを癒してくれますね。」


「毎年、カニのシーズンには、路線バスを利用して芦原温泉などに出かけて、「カニ」を美味しくいただいています(笑)。」


「「京福バス株式会社(けいふくバス)」は、福井県福井市に本社を置く路線バス・貸切バス事業者ですよ。」


「京都府において鉄軌道事業を行っている“京福電気鉄道”の完全子会社で、「京福グループ」に属していますよ。」


「1941年(昭和16年)6月に設立していますよ。」


「「京福バス株式会社」は、路線バス、高速バス、観光特急バス、空港バス、バスツアー、貸切バスなどを行っている会社ですよ。」


「特徴的なのは、100円区間が設定されており、福井駅の周辺の観光スポットなどに行くことが出来ますよ。」


「観光の際などに、利用してみると良いでしょう。」


「また、高速バスの運行も複数あり、福井と東京、福井と名古屋、福井と京都・大阪間がありますよ。」


「どの便も予約制なので、予定が決まれば、早めにチケットを購入するようにしましょうね。」


「トイレの有無などの社内情報、運行情報、回数券や往復購入券などの情報も、専用サイトでわかりやすく掲載されていますよ。」


「その他、永平寺ライナーという特急バスが、福井駅東口から出ていますよ。」


「直通30分で永平寺に行け、さらに大阪梅田の阪急三番街などで乗り継ぎ割引券を購入すれば、さらにお安く行くことが出来ますよ。」


「小松空港行の空港バスやバスツアーのメニューも、豊富にありますよ。」


「「京福バス」の専用サイトを、ご覧になってくださいね。」


「また、「京福バス」は、私達の日々の暮らしに欠かせない、生活の足ですよ。」


「「京福バス」は、福井市を中心に坂井市やあわら市などで路線バスを運行する会社ですよ。」


「路線図は、福井市内北西部・西部の海岸沿い・南東部のほか坂井市やあわら市など、JR北陸本線が補足する形で、交通の便がよくない地域をカバーしている状態ですよ。」


「時刻表・路線図・運賃については、「京福バス」のホームページに掲載されていますよ。」


「「時刻表」については、路線バスの時刻表を例に検索方法をお伝えしますね。」


「「京福バス」のトップページから、路線バスの項目を選択します。」


「路線バスのページに出発・到着場所の記載があるので、必要事項を記入し、検索の項目から次のページに移ります。」


「出発場所と到着場所を記入する欄が出ますので、それぞれのバス停を入力すれば、時刻表を閲覧できますよ。」


「次に、路線図の見方についてですが、時刻表と同様の操作で路線バスのページまで進めると、路線図の項目がありますので、それを選択してください。」


「画面の左上にルートの略称が表示されるので、必要な路線の項目をクリックすると、PDFファイルが開き、その地域の路線図を見ることができますよ。」


「このほか、運賃についても検索できますよ。」


「こちらも、路線バスの項目まで検索したら、スクロールを下部まで下げます。運賃の項目がありますので、それを選択のうえ、金額を確認することができますよ。」


「このように、「京福バス」を利用すれば、さまざまな目的地に辿り着くことができますよ。」


「そのためには、「京福バス」を乗り慣れていない観光客の方にとっても、インターネットで調べれば、路線図等をすぐに確認出来ますよ。」


「次に、「京福バス」からの乗り継ぎについて、お伝えしますね。」


「目的地への乗り継ぎでバスを利用する場合は、「NAVITIME」と「ジョルダン」がおススメですよ。」


「NAVITIMEのバス時刻表では、路線バス、高速バス、空港バス、深夜急行バスの時刻表を調べることができますよ。・・・https://www.navitime.co.jp/bus/・・・」


「「ジョルダンのバス時刻表」について、説明しますね。」


「「ジョルダンのバス時刻表」では、路線バス、高速バス、空港連絡バス、深夜急行バスの時刻表を調べることができますよ。・・・https://www.jorudan.co.jp/bus/rosen・・・」


「「京福バス」の「時刻表」「運賃/料金・定期代」「路線図」「バス停」「所要時間」情報を調べるサービスはいろいろありますが、それらの中でも「ナビタイム(Navitime)」のバス情報検索サービスは、大勢の人たちから支持されていますよ。」


「ナビタイムはバス情報を無料で検索できる上に、操作も簡単で、パソコンやスマートフォンなどあらゆる端末から利用できるため、多くの利用者に支持されているサービスですよ。」


「便利なナビタイムのバス情報を検索するサービスは、パソコンとスマートフォンそれぞれ無料で活用出来ますよ。」


「ただ、スマホを使ってナビタイムのサービスを無料で活用するには、アプリとブラウザの双方を使う必要がありますよ。」


「「京福バス」の定期料金のみ、Yahoo路線情報のサービスを使用します。」


「「京福バス」時刻表の調べ方について、お伝えしますね。」


「「京福バス」の時刻表を知りたい場合、インターネット上にあるウェブサイトで調べて確認することができますよ。」


「最初にトップページから「京福バス」を選択すると、京福バス専用の時刻表検索ページへと移行します。」


「このページでは、バス停名を入力することによるピンポイント検索はもちろんのこと、名前がうろ覚えの時の為の五十音順検索も用意されていますよ。」


「ページ下段には、よく調べられる停留所名の時刻表が記載されていて、さらに越前海岸ブルーライン・大安寺線などの路線ごとの一覧も併記されていますよ。」


「そして、五十音順の「あ」行を選択すると、在田や赤坂などの停留所一覧が表示されますよ。」


「各バス停をクリックすると、西田中宿堂線などの詳細な時刻表が表示されますよ。」


「パソコンで「京福バス」の時刻表をナビタイムで検索するには、はじめにナビタイムの公式サイト(https://www.navitime.co.jp/)にアクセスをし、上段に表示されているタブの[バス/時刻表]をクリックすると、バスに関するメニューが表示されますので、その中で、[路線バス時刻表]を選択します。」


「[路線バス時刻表]ページに移動しますので、バス停名がわかれば直接バス停名を入力して検索します。」


「もし、バス停名がわからない場合には、下段にスクロールし、[バス会社から検索(路線バス)]という項目から「京福バス」を選択します。」


「バス会社から検索する場合、以下のタイプで更に検索することが出来ますよ。」


「<バス停を頭文字から探す>、<都道府県から探す>、
<京福バスのよく検索される時刻表>、<京福バスのバス路線/系統一覧>
などがありますよ。」


「「京福バスの路線図」についてお伝えしますね。」


「インターネット上のウェブサイトには、「京福バス」の路線図を記載したページが存在するため、そこでバス停や路線の確認をすることが出来ますよ。」


「まず、ウェブサイトのトップページから「京福バス」を選択すると、越前海岸ブルーライン・大安寺線や川西三国線などの一覧が表示されますよ。」


「ここで利用したい路線をクリックすると、その詳細な路線図が記載されたページに移動します。」


「このページでは、各バス停が矢印で分かりやすく明示されていて、左側にあるボタンによって縮図を自由に変更することができますよ。」


「ただし、それぞれのバス停の位置は縮図における目安となっている為、必ず現地で正確な場所を確認しておく必要がありますよ。」


「路線図ページの下部には、各バス停が始発地点から最終地点まで順番に記載されていますよ。」


「また、それぞれのバス停ごとに、乗り換え可能な路線も併記されていますよ。」


「バス停名や路線/系統名がわからない場合は、「都道府県から探す」方法を選択すれば、「京福バス」の市区町村レベルで検索することができますので、おススメですよ。」


「どの検索でも、最終的に特定のバス停の時刻表を確認することができますが、1点注意しておきたいポイントがありますよ。」


「それは、検索結果に初めて表示されたバス停の時刻表は、平日の時刻表が出力されますよ。」


「土曜日、休日で時刻表が異なるバス停が多いので、必ず発車する曜日単位の時刻表を確認するようにしてくださいね。」


「スマホ版の場合、「京福バス」の時刻表をスマホを使ってナビタイムのサービスで検索するには、ナビタイムのバス専用のアプリ[バスナビ]を使って紹介しますね。」


「バスナビを開くと、下段に[My時刻表][時刻表][ルート検索]とあり、[時刻表]を選択すると、バス停名の検索、または、近くのバス停名を一覧で表示してくれますよ。」


「現在の居場所が「京福バス」のバス停の近くにいない場合は、最寄りの駅名、施設名、住所から検索できますので、コチラの活用方法も紹介しますね。」


「はじめに、バスナビのトップ画面に移動し、上段の[バス停/駅/施設/住所]と書かれた検索窓に検索キーワードを入力します。」


「おススメは、京福バスが運営しているバス停の近くにある駅や住所を入力する方法ですよ。」


「これらのキーワードで検索した場所の地図が表示され、バスの路線図も表示されますので、「京福バス」の近くのバス停が簡単に見つかりますよ。」


「検索結果に出力されたバス停名をタップすると、下段に[時刻表を見る]ボタンが出てきますので、コチラをタップします。」


「すると、対象のバス停の初乗り~最終のバスの時刻表が一覧で表示されますよ。」


「しかし、検索結果に初めて表示されたバス停の時刻表は、平日の時刻表が出力されますよ。」


「土曜日、休日で時刻表が異なるバス停が多いので、必ず発車する曜日単位の時刻表を確認するようにしてくださいね。」


「スマホのブラウザ版では、直近数時間の時刻表しか閲覧することが出来ませんよ。」


「「京福バス」の運賃・定期代、乗換案内、所要時間の調べ方についてお伝えしますね。」


「「京福バス」の運賃と定期代も専用サイトを使って検索します。」


「専用サイトの路線バスの項目から、路線バス時刻表一覧という項目をクリックします。」


「項目には時刻表と書かれていますが、バスの系統番号と路線名、区間や経由地の他に、運賃表というものがありますよ。」


「その運賃表をクリックすると、PDF形式のファイルがあるので、そちらを開くと運賃を確認することができるようになっていますよ。」


「定期代については、専用サイトのおトクな乗車券という項目の中にある「定期券」という項目をクリックします。」


「それぞれの定期券の種類や発売している場所などを、確認することが出来ますよ。」


「定期券の種類は多く、フリーきっぷだけで6種類、定期券は7種類、回数券は6種類、200円区間などの区間指定式回数券などもあるので、自分で利用する分をうまく見つけて購入しましょうね。」


「営業所や販売所によっては、取扱いをしていない場合もあるので、注意が必要ですよ。」


「主な定期券などを購入できる販売所や営業所などは、福井駅東口バチケットセンター、福井駅西口ウェルカムセンター、丸岡バスターミナル、坂井営業所、大野案内所などですよ。」


「パソコン版の場合、パソコンで「京福バス」の運賃・料金を調べるには、ナビタイムの[バス乗換案内]を活用します。」


「はじめにナビタイムの公式サイトにアクセスをし、上段に表示されているタブの[バス/時刻表]をクリックすると、バスに関するメニューが表示されますので、その中で、{バス乗換案内}を選択します。」


「出発地と目的地にそれぞれバス停名を入力して検索をすると、現金で支払った場合とIC運賃のそれぞれの料金と、所要時間が出力されますよ。」


「「京福バス」の定期代検索サービスはナビタイムにはありませんので、Yahoo路線情報(https://transit.yahoo.co.jp/)を使って検索します。」


「スマホ版の場合、スマホ版で「京福バス」の運賃・料金を調べるには、ナビタイムのアプリ[バスナビ]を活用します。」


「「バスナビ」を開くと、下段に[My時刻表][時刻表][ルート検索]とあり、[ルート検索]を選択すると、上段に出発地と目的地の入力検索窓が表示されますよ。」


「検索窓には、バス停名の他、駅名、施設名、住所名を入力して検索することができますよ。」


「検索結果には、所要時間、現金払い料金とIC運賃それぞれの金額が表示されますよ。」


「京福バスの定期代検索サービスはナビタイムにはありませんので、Yahoo路線情報(https://transit.yahoo.co.jp/)を使って検索をします。」


「「京福バス 路線図・バス停の調べ方について、お伝えしますね。」


「パソコン版の場合、パソコンで「京福バス」の路線図・バス停を調べるには、ナビタイムの[バス路線図検索]を活用します。」


「はじめにナビタイムの公式サイトにアクセスをし、上段に表示されているタブの[バス/時刻表]をクリックすると、バスに関するメニューが表示されますので、その中で、[バス路線図検索]を選択します。」


「検索窓から「京福バス」と入力して検索するか、下段のバス会社から検索より「京福バス」のリンクをクリックして検索します。」


「続いて、「京福バス」の路線一覧(系統)が出力されますので、対象のリンクをクリックすると、路線図が表示されますよ。」


「表示された路線図の下段に「停車バス停一覧」があり、バス停のリンクをクリックすると、詳しいバス停の情報を閲覧できますよ。」


「スマホ版の場合、スマホ版で「京福バス」の路線図・バス停を調べるには、ブラウザでナビタイムの公式サイトにアクセスします。」


「アプリは、路線図情報の一部のサービスが有料となっていますよ。」


「続いて、左端の下段に[三]の緑色のアイコンがありますので、こちらをタップしますとメニューが出てきますよ。」


「このメニューの中から、[バス乗換検索・時刻表]⇒[バス路線図]の順でタップします。」


「バス路線図検索窓が表示されますので、こちらに「京福バス」と入力し検索すると、「京福バス」の路線一覧(系統)が出力されますので、対象のリンクをタップし、路線図を表示させます。」


「路線図上に表示されたバス停をタップすると、地図上に路線図とバス停が表示された情報で確認できますよ。」


「ナビタイムの公式サイトアクセス/アプリの入手方法について、お伝えしますね。」


「ナビタイムのブラウザ版へは、パソコンもスマホもこちらナビタイムの公式サイト(https://www.navitime.co.jp/)からアクセスすることができますよ。」


「アプリのダウンロードはナビタイムの公式ダウンロードページ(http://products.co.jp/service/transfer/ )から、Android版、iOS版、iOSタブレット版をダウンロードすることができますよ。」


「YAHOO路線情報を使って、乗り換え検索を利用する方法を説明しますね。」


「「京福バス」の時刻表などを検索するには、「京福バス」が運営している専用サイトが便利ですが、「YAHOO」路線情報もかなりおススメのサイトですよ。」


「ただし、電車や他社のバスを乗り継いで目的地に行くような場合は、YAHOO路線情報のサイト利用も良いと思います。」


「なぜなら、YAHOO路線情報では、全国のバス会社、鉄道会社の時刻表や路線図、運行状況や乗換案内情報を確認することが可能ですよ。」


「乗り継ぎ案内の情報には、乗車駅と降車駅、出発時刻、到着時刻、料金、乗り換え回数などのほしい情報が全て揃っていて、さらに最大3パターンの最適なルートを検索して表示してくれますよ。」


「「京福バス」を利用する時だけでなく、全国どこへ行っても使える便利なサイトなので、YAHOO路線情報のサイトはスマホに登録して、いつでも使えるようにしておきましょう。
・・・https://transit.yahoo.co.jp/・・・」


「この間、とても楽しい人に出会いましたよ。」


「その人は、どうやら“暇”を楽しむことを知っているようですよ。」


「バス旅行は、“暇”を究極に楽しむことが出来る、唯一の手段だそうですよ。」


「人生の“暇”を楽しんでみませんか?」


「あなたのお子様の夏休みの自由研究は、もうお済でしょうか?」


「路線バス・観光バスの旅は、家族の絆を一層より深いものとしますよ。」


「「京福バス」で地元の観光、地元の美味しいものを知るというのは、如何でしょうか?」



この記事を見た人はこんな記事も見ています。