スポンサードリンク

北海道中央バス~時刻表・路線図・高速バス・定期観光バス・運賃・定期代・新千歳空港・小樽~

「広~い広~い北海道に到着です。」


「皆さん、「箸休め」ってご存知ですか?」


「私にとっては、人生の「箸休め」が旅行なんです。」


「特に、北海道は、人生の「昼寝」のように、心も体もくつろぐのです。」


「長い休みが取れたら、私はこの雄大な土地「北海道」をバスに乗ってのんびりと旅したいと思っています。」


「北海道の道央圏を中心に活躍しているのが、「北海道中央バス」ですよ。」


「北海道民の生活には欠かせないバス会社ですよ。」


「「北海道中央バス」は、小樽市に本社のある北海道中央バス株式会社が運営しているバスのことで、中央バスと言われ親しまれていますよ。」


「信用が第一のバスドライブは、「北海道中央バス」に断然お任せですね。」


「本社機能は小樽市と札幌市に分けられますが、対外向けには本店が置かれる小樽市を本社所在地としていますよ。」


「「北海道中央バス」は、後志・石狩・空知地方のバス事業者が統合し、発足しましたよ。」


「車両数は貸切バスを含めて1,189台、北海道内では最大規模のバス事業者ですよ。」


「公式サイトは、こちらですよ。・・・http://www.chuo-bus.co.jp/・・・」


「北海道を気軽に楽しむ方法として、「北海道中央バス」の時刻表や路線図についてお伝えしますね。」


「北海道中央バス」の時刻表と路線図は、専用サイトで確認しますよ。」


「時刻表を確認するには、専用サイトの「停留所時刻表ダウンロード」というボタンを押して時刻表を確認することができますよ。」


「路線バスの路線図を確認したい場合には、市内・郊外路線バスという項目の中にある「路線案内」という項目をクリックします。」


「それぞれの方面が表示されるので、路線図を調べたい方面をクリックすると、それぞれの路線図が表示されますよ。」


「バスの利用頻度の高い、小樽市内、ニセコバス、札幌市内など、地区ごとで路線図を確認することが出来るようになっていますよ。」


「また、「北海道中央バス」の路線図と、主要駅のりばがPDFでご覧いただけますよ。」


「また、「北海道中央バス」の路線図は、公式Webサイト左側のメニューにある「路線案内」から確認できますよ。」


「「路線案内」をクリックすると、道央の地図とともに、地図上には市町村名が表示されますよ。」


「例えば、小樽市内の路線を確認する場合は、直接「小樽」をクリックし、遷移後の画面で「小樽市内停留所一覧図」を選択すると、小樽市内の全路線と停留所が表示されたPDFを閲覧でき、ダウンロードも可能ですよ。」


「札幌市内の路線は地図上で「札幌」をクリックした後、「市内路線マップ」をクリックすると表示できるほか、マウスを使って拡大表示や縮小表示もできますよ。」


「「北海道中央バス」の時刻表について、お伝えしますね。」


「いざ、これからバスに乗ろうとした時、時刻がわからずに困ったことありませんか?」


「バスを利用する際は、前もって利用する停留所の時刻表を確認しておくと安心ですよ。」


「「北海道中央バス」のホームページでは停留所名を入力すると、簡単に時刻を調べることが出来ますよ。URL・・・http://www.bustei.com/・・・」


「中央バスの乗車したい停留所を入れてから、行先の停留所名を入れると、時刻表が表示されますので、簡単に確認することが可能ですよ。」


「時刻表の上部には「所要時間」も表示されているので、移動時間の目安にできて便利ですよ。」


「しかし、バスは道路状況や交通渋滞によって、到着時間が送れることもありますので、時間には余裕を持って予定を立てることをオススメします。」


「なお、年末年始期間(12/29~1/3)は特別ダイヤでの運行となりますので、詳しくは各窓口やターミナルへ直接問い合わせてみると良いでしょう。」


「「北海道中央バス」の時刻表は、公式Webサイトの検索メニューか、もしくはダウンロードメニューからダウンロードが可能ですよ。」


「検索メニューでは、乗車する停留所と降車する停留所をそれぞれ入力し、検索ボタンを押すと、指定した停留所の発車時刻が表示されますよ。」


「停留所は五十音順で検索して入力できるほか、ランドマーク一覧からも選択できるため便利ですよ。」


「ダウンロードする場合は、表示されている地図上から石狩・江別・札幌北方面や小樽後志方面など該当する地域を選択し、遷移後のメニュー画面で乗車停留所名を入力すると、PDFファイルが表示されますよ。」


「「北海道中央バス」の運賃、料金や定期代について、お伝えしますね。」


「「北海道中央バス」の運賃、料金、定期代の確認も、北海道中央バスの専用サイトで行うことができますよ。」


「専用サイトの片道・定期券運賃、キロ数検索というボタンを押すことで、簡単に検索を行うことが可能ですよ。」


「地区ごとに分かれているので、地区の項目をクリックすると、その地区の路線が一覧で表示されますよ。」


「そこから、運賃、定期の料金の確認を行うことが出来ますよ。」


「運賃表は、PDF形式で見ることができますよ。」


「必要に応じて印刷しておくと、急の出張や旅行で、あわてずに済むので非常に便利ですよ。」


「「北海道中央バス」では、通常の路線バス以外に、高速バスや定期観光バスの運行も行っていますよ。」


「定期観光バスについては、「定期観光バス」という項目をクリックすると、情報を確認することができますよ。」


「コースを検索する際には、出発日、乗車地、出発時刻、到着時刻、予算、キーワードなどを選択することで、検索することができますよ。」


「旭山動物園や小樽散策コース、温泉入浴コースなど色々なコースがあり、楽しむことが出来ますよ。」


「「北海道中央バス」の高速バスの各路線の地域や車両、札幌ターミナルについてお伝えしますね。」


「「北海道中央バス」の専用サイトの都市間高速バスという項目をクリックすることで、高速バスに関する情報を確認することができますよ。」


「これは、路線から簡単に探すことが出来るので、とても便利ですよ。」


「予約が必要な路線と予約が不要の路線がありますので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。」


「予約制路線として、
<高速はこだて号・函館>、<スターライト釧路号・釧路>、<ポテトライナー・帯広>、
<ドリーミントオホーツク号・北見、網走>、<流氷もんべつ号・紋別>、 
<高速なよろ号・名寄>、<イーグルライナー・知床>、<高速えんがる号・遠軽>、
<特急オホーツク号・旭川~紋別>
がありますよ。」


「非予約制路線として、
<高速あさひかわ号・旭川>、<高速ふらの号・富良野>、<高速たきかわ号・滝川>、
<高速しんとつかわ号・新十津川>、<高速るもい号・留萌>、<高速みかさ号・夕張>、
<高速くりやま号・栗山>、<高速とまこまい号・苫小牧>、<高速むろらん号・室蘭>、
<高速おたる号・小樽>、<高速よいち号・余市>、<高速いわない号・岩内>
<高速しゃこたん号・美国>、<高速ニセコ号・ニセコ>、<特急北大雪号・旭川~遠軽>がありますよ。」


「ターミナル情報について、お伝えしますね。」


「「北海道中央バス」函館ターミナル予約センターがありますよ。
<住所:札幌市中央区大通東1丁目3・・・電話番号 011-231-0600>
<受付時間 7:30~18:00>
ですよ。」


「「札幌駅前ターミナル券売所」がありますよ。
<住所:札幌市中央区北5条西2丁目・・・札幌駅前ターミナル15番乗り場>
<受付時間 7:30~19:00>
ですよ。」


「路線によって、予約方法が違うので、事前によく確認して利用するようにしましょう。」


「特に札幌駅ターミナルから出発の「高速はこだて号」などは共同運行もしているので、本数も多いですが、函館ターミナル周辺は混雑する可能性が高いので、早めに現地に行くように心がけてくださいね。」


「「北海道中央バス」の時刻表などを検索するには、「YAHOO路線情報」もかなりおススメなので紹介しますね。」


「YAHOO路線情報では、中央バスだけでなく、全国のバス、鉄道会社の時刻表や路線図、運行状況などを確認することが出来ますよ。」


「1つの会社の時刻表などだけでなく、複数の会社のバスや鉄道を乗り継ぐ場合のルートを検索して提示してくれる便利なサイトが、「YAHOO路線情報」のサイトですよ。」


「検索方法はまったく一緒なので、旅行や出張で初めて行った場所でも悩むことなく、乗り継ぎルートを調べてくれるので、お気に入りに入れて登録しておくようにしましょうね。
・・・https://transit.yahoo.co.jp/・・・」


「北海道は雄大でどことなく温かく、どこまでも続く大地が人の心となり、癒されますね。」


「小樽には、遠い、遠い昔の繁栄ぶりを彷彿とさせる面影がありますね。」


「ちなみに、私はノスタルジックな「小樽」、オシャレでどこか垢抜けている「函館」が好きですね。」 


「食べる物も新鮮で美味しい、魅力の「北海道」ですね。バス旅でゆっくりしたいと思いませんか?」


この記事を見た人はこんな記事も見ています。