スポンサードリンク

高尾山~紅葉・登山・天気・温泉・観光・ビアガーデン・駐車場・服装・ケーブルカー・アクセス~

「朝、駅までの歩道を歩いていると、すっかり温かい陽射しを感じるようになりました。」


「ふと見上げると、空の色は美しい水色ですよ。」


「天気の良い日はちょっと足を延ばして、ハイキングにでも出かけたくなりますね。」


「ところで、都心から電車で僅か45分の場所に、緑豊かな大自然がありますよ。」


「そう、東京の片隅に位置するこの山の名前は、「高尾山」ですよ。」


「「高尾山」は、東京都八王子市にある国定公園で、2007年にミシュラン三ツ星に選ばれた人気のある山ですよ。」


「「高尾山」は、都内の人からはもちろん、地方や外国の人からも愛され、ハイキングやトレッキングの名所ですよ。」


「周辺には、名物とろろそばが味わえるお店や、日帰り温泉ができる施設などもありますよ。」


「テレビ番組等で放送されているので、よくご存知でしょうね。」


「春には桜、夏には大自然の中でのビアガーデン、秋には紅葉に心を癒され、冬には静かに降る雪に、歩く人の温もりを感じられる、とっておきのエリアですよ。」


「山麓よりケーブルカーやリフトに乗って、中腹の海抜472メートルのところまで行くことができますよ。」


「徒歩では、1時間30分ほどで山頂へ到着できる3ルートがありますよ。」


「頂上まで約600m、子供から大人まで登山を楽しめる大自然の「高尾山」が、都会からこんなに近くにあるなんて、びっくりですね。」


「しかし、山の天気は移りやすいものですよ。」


「高尾山入口が標高200m、山頂は標高599mになるため、街と山では気温が大きく異なりますよ。だから、事前に天気予報をチェックして、防寒対策や雨具の準備をしておいてくださいね。」


「3月は早春の花が咲き始めて、3月10日から11日は「高尾梅郷梅祭り」が開催されますよ。」


「暖かい日と寒い日の差が大きいため、冷えないように重ね着できる衣類などを準備して、体調管理に心を配りましょうね。」


「保温用の手袋や日射し用の帽子や紫外線対策、花粉症対策も心がけてくださいね。」


「また、雨の後は地面が滑りやすく、登山道のコンディションも悪くなるため、ぬかるみや足元に十分気を付けて基本的なハイキングの装備や防水用登山靴を用意しましょう。」


「また、「高尾山」のピンポイント天気予報は、登山情報サイトYamakei Onlineの「高尾山ビジターセンターからの現地情報」のページが便利ですよ。」


「天気・気温・周辺情報・登山道の状況・施設情報などの詳細も掲載されていますよ。」


「また、「高尾山お天気ライブカメラ」により、最新の現地映像を確認することができますよ。」


「通常のライブカメラでは3分ごとに、超望遠ライブ映像の方では1分ごとに更新されますよ。」


「「高尾山」登山の主なコースは9コースほどありますが、目的別に人気コースを紹介しますね。」


「「高尾山」山頂から、景信山までの距離は4.5㎞で、所要時間は2時間になりますよ。」


「「一号路 表参道」は、ファミリーやカップルに人気がありますよ。」


「距離は3.8㎞ほどで、上りの所要時間は1時間40分、下がりが1時間30分ほどですよ。」


「途中、見どころの多い「薬王院」や運を引き寄せる「たこ杉」、夜景が綺麗な「霞台展望台」、「猿園」など、登山・観光と一日楽しめるため、人気がある、定番のコースですよ。」


「「三号路 かつら林コース」は、ゆっくり自然を感じながら登りますよ。」


「距離は2.4㎞、上り所要時間が1時間5分、下がりが55分ほどですよ。」


「緩やかな道を、のんびりと自然を感じながら登れるコースですよ。」


「「四号路 吊り橋コース」は、距離は1.5㎞で、上りは55分、下りは50分ほどですよ。」


「森林浴を楽しみながら、みやま橋という吊り橋を渡るコースですよ。」


「稲荷山コース・「見晴らし屋根コース」は、距離は3.1㎞、上り所要時間は1時間40分、下りが1時間20分ほどですよ。」


「稲荷山展望台からの眺めが絶景ですよ。」


「「高尾山薬王院」の開山は、西暦744年(奈良時代)ですよ。」


「聖武天皇の勅命を受けた薬師寺の僧侶行基(ぎょうき)が「高尾山薬王院」を開山しましたよ。」


「昭和25年に東京都立高尾練馬自然公園の指定をうけ、昭和42年には国定指定公園になり、高尾山の自然は保護されていますよ。」


「それでは、「高尾山」のイベント・催しを紹介しますね。」


「「高尾山」のイベント・催しは、
5月:「高尾山若葉まつり」
6月~10月:「高尾山ビアマウント」
11月:「菊花展」、「ふれあいの里まつり」、「紅葉散策」、「クリスマスイルミネーション点灯式」、「高尾山もみじまつり」、「八王子いちょう祭り」
12月:「クリスマスイルミネーション」、「クリスマスコンサート」、「年越し」、「ダイヤモンド富士」
1月:「霜の花観賞」、「初日の出」
2月:「恒例カラオケ大会」、「高尾山薬王院節分会」
3月「河津桜散策」、「高尾山薬王院火渡り祭」
などがありますよ。」


「「薬王院」は、1,200年前ほどに開山された真言宗の寺院「高尾山薬王院有喜寺」、通称「薬王院」と呼ばれていますよ。」


「大本堂では、諸願成就のご祈祷が毎日おこなわれていますよ。」


「高尾山の天狗は、開運・魔除けなど多くのご利益をもたらしてくれるため、昔から様々な伝説や信仰の対象として崇められていますよ。」


「また、薬王院では、旬の素材を大切にした精進料理を味わうことができますよ。」


「肉や魚を一切使わず、昔ながらの野菜の味わいを生かした「高尾膳」3,800円や「天狗膳」2,800円、季節限定の「そば御膳(2月~9月)」や「もみじ膳(10月~12月)」を、個室または大部屋で頂きますよ。」


「精進料理の高尾膳と天狗膳を利用の際は、事前の予約が必要になりますよ。」


「薬王院へのアクセスは、ケーブルカー高尾山駅より徒歩15分ですよ。」


「薬王院は、
<住所:〒193-8686 東京都八王子市高尾町2177番地>
<電話:042-661-1115>
<受付時間:8時30分~16時30分>
ですよ。」


「「京王高尾山温泉・極楽湯」は、京王線高尾山口駅のすぐそばにありますよ。」


「京王高尾山温泉・極楽湯は、
<住所:〒193-0844 東京都八王子市高尾町2229番7>
<営業時間:8時~23時>
ですよ。」


「日帰り入浴とお食事を、頂くことができますよ。」


「筋肉痛・関節痛・五十肩・関節・うちみ・冷え性・疲労回復などに効果のある6種類のアルカリ性温泉や、サウナ・ほぐし処にて、ゆっくりとハイキングの疲れを癒すことができますよ。」


「露天風呂には、地下1,000mから湧き出る天然温泉がひかれ、美肌効果もありますし、マイクロバブルの檜風呂や今注目の炭酸温泉の石張り風呂もあり、女性に好評ですよ。」


「車で高尾山へこられる方は、市営高尾山麓駐車場(住所:八王子市高尾町2259)、または、京王高尾山駐車場の有料駐車場を利用することとなりますよ。」


「市営高尾山麓駐車場は、入庫後12時間まで平日は、800円、土日・祝日は、1,000円で利用できますよ。」


「「高尾山」の麓から中腹までを往復している「ケーブルカー」と「リフト」を紹介しますね。」


「「ケーブルカー」と「リフト」、どちらも終点「高尾山駅」「山上駅」より、人気の1号路へアクセスできますよ。」


「3月5日(月)~3月9日(金)には、施設点検及び、車両整備に伴うケーブルカーの発車時刻の変更がありますよ。」


「「ケーブルカー」は、最大135名まで乗車できますよ。」


「清滝駅・高尾山駅間を15分間隔で運転していますよ。」


「乗車時間は片道6分ほどで、標高472mにある高尾山駅へ到着しますよ。」


「ケーブルカーでは、日本一の急勾配(31度18分)ですよ。」


「終点よりすぐ「かすみ台展望台」、「さる園・野草園入口」があり、薬王院山頂方面への道へアクセスできますよ。」


「始発は朝8時より運行しています。終発の時間は季節によって異なりますよ。」


「平日の終発は、1・2・12月が17時15分、3月が17時30分、4・5・7・8月が18時、
6・9・10・11・12月は17時45分ですよ。」


「土日・祝日の終発は、1・2・12月が17時30分、3・6・9・10・11月が18時、
4・5・7・8月は18時30分ですよ。」


「年末年始やビアマウント開催中は、臨時のスケジュールにて、運行することもありますよ。」


「「二人乗りリフト」は、「山麓駅」から標高462mの「山上駅」間を運行します。乗車時間は12分ほどですよ。」


「始発は朝9時で、平日の終発が5月から11月が16時30分、12月から4月の終発は、16時ですよ。」


「土日・祝日の終発時間は、当日の状況により運転が延長されますよ。」


「運賃は、ケーブルカーとリフトともに同料金で、中学生から大人が片道480円、小児は240円ですよ。」


「往復料金は、中学生から大人が930円、小児が460円ですよ。」


「ただし、ケーブルカー利用の場合、小学生より小児料金になりますよ。」


「未就学児は、大人1名につき1名無料になりますよ。」


「リフトの場合は、3歳から小児料金、3歳未満のお子さんは大人1名につき1名無料となりますよ。」


「小高い山への登山、清々しい流れの川沿い、どれもこれも日常の騒がしさから離れ、自然を満喫できる楽しい時間の流れですよ。」


「しかし、毎年、毎年、山や沢での事故がTV等で報道されますが、後を絶ちませんね。」


「山の気象はもちろんのこと、気温・体温の変化も意識して、思い出に残る、良い登山をしてくださいね。」


この記事を見た人はこんな記事も見ています。

会社名 電話番号 住所(番地まで)
三重県中南勢の郷土紙|夕刊三重新聞社 0598-21-6113 〒515-0821
三重県松阪市外五曲町15
産経ニュース 03-3231-7111 〒100-8077
東京都千代田区大手町1丁目7番2号
毎日新聞社 03-3212-0321 〒100-8051
東京都千代田区一ツ橋1-1-1
日本海事新聞 電子版 03-3436-3221 〒105-0004
港区新橋5-19-2新橋森ビル
和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報 0739-22-7171 〒646-8660
田辺市秋津町100
京都新聞社 075-241-5430 〒604-8577
京都市中京区烏丸通夷川北入少将井町239
カナロコ|神奈川新聞ニュース 045-227-1111 〒231-8445
神奈川県横浜市中区太田町2-23 横浜メディア・ビジネスセンター
ジャパンタイムズ 050-3646-0123 〒102-0094
東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル14F
埼玉新聞|埼玉の最新ニュース・スポーツ・地域の話題 048-795-9930 〒331-8686
さいたま市北区吉野町2-282-3
上毛新聞ニュース|群馬の新聞社 上毛新聞社のニュースサイト 027-254-9911 〒371-8666
群馬県前橋市古市町1-50-21
日高新報 | 和歌山県御坊市にある地方新聞「日高新報」のWebサイトです 0738-24-0077 〒644-0011
和歌山県御坊市湯川町財部604
エヌピー通信社 03-3971-0111 〒171-8558
東京都豊島区南池袋3-8-4
紀州新聞 THE KISYU SIMBUN ONLINE 0738-22-2536 〒644-0003
和歌山県御坊市島172
日刊水産経済新聞|THE SUISAN-KEIZAI DAILY NEWS 03-3404-6531 〒106-0032
東京都港区六本木6-8-19
千葉のニュース|千葉日報オンライン 043-222-9211 〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4丁目14番10号
エレクトロニクス業界の灯台 電波新聞社 03-3445-6111 〒141-8715
東京都品川区東五反田1-11-15電波ビル
東京ニュース通信社 [TOKYO NEWS ] 03-6367-8000 〒104-8415
東京都中央区銀座7-16-3日鐵木挽ビル6階
東京新聞(TOKYO Web) 03-6910-2211 〒100-8505
千代田区内幸町2-1-4
奈良新聞デジタル|奈良のニュースサイト 0742-32-1000 〒630-8686
奈良市法華寺町2番地4
デイリースポーツ online 078-362-7293 〒650-0044
神戸市中央区東川崎町1-5-7
伊勢新聞 059-224-0003 〒514-0831
津市本町34-6
下野新聞 SOON(スーン)|下野新聞社 028-625-1111 〒320-8686
栃木県宇都宮市昭和1-8-11
神戸新聞NEXT 078-362-7100 〒650-8571
神戸市中央区東川崎町1-5-7
ニュース速報:読売新聞(YOMIURI ONLINE) 03-3242-1111 〒100-8055
東京都千代田区大手町1-7-1
時事ドットコム:時事通信社が運営するニュースサイト 03-6800-1111 〒104-8178
東京都中央区銀座5-15-8
ウェブ桐生タイムス | 桐生・みどり市を拠点に地域ニュースを発信しています 0277-46-2511 〒376-8528
群馬県桐生市東4-5-21
経済、株価、ビジネス、政治のニュース:日経電子版 03-3270-0251 〒100-8066
東京都千代田区大手町1-3-7
茨城新聞クロスアイ 029-239-3001 〒310-8686
茨城県水戸市笠原町978-25 茨城県開発公社ビル
朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト 03-3545-0131 〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
株式会社共同通信社 | 株式会社共同通信社の情報ポータルサイト 03-6252-8000 〒105-7201
東京都港区東新橋1-7-1 汐留メディアタワー